尿酸値を下げる成分を含むおすすめサプリメント5選を徹底比較

尿酸値を下げる成分

健康診断で気になる項目の一つ、尿酸値。

ここでは、まず、尿酸値を下げるために必要なことを説明した後に、尿酸値を下げる成分を含むサプリメントの選び方や成分を解説します。
そして、最後に、おすすめのサプリメントをご紹介します。

ところで、厚生労働省の発表によると、尿酸値が高い『高尿酸血症』の患者数は、500万人以上とされており、決して珍しい病気ではなくなってきています。高尿酸血症は、中高年の男性がかかりやすい疾病ですが、近年では食生活の変化などが原因で、だんだんと若年化が進んでいます。

また、『高尿酸血症』は自覚症状がありません。

放置してしまうと、痛風や腎障害など様々な病気の引き金になってしまいます。症状が現れる前に、生活習慣を見直し、身体に尿酸が溜まりにくい状態にしていくことが必要です。

尿酸値を下げるためにサプリメントが出来ることは、栄養面からのサポートです。

尿酸値を正常値にコントロールするには、食事による栄養補給のバランスを改善することが重要ですが、サプリメントを利用することでは、普段の食事ではとりにくい栄養素を補うことができます。

参考:厚生労働省 e-ヘルスネット

尿酸値を下げるために必要なこととは?

尿酸値を下げるために必要なこと

尿酸値の上昇は、尿酸の産生と排泄のバランスが崩れている状態であることを指します。

尿酸は、プリン体が分解されて作られます。尿酸が作られても、健康な人は尿などから排出され、体内の尿酸の値は常に一定に保たれています。

体内の尿酸の値が増えている場合、二つの原因が考えられます。

尿酸の排出機能が衰えている
…腎臓の機能低下など
体内で尿酸が作られすぎている
…プリン体を含む食品の摂取過剰、高負荷の運動など

両方が原因である場合もあります。

日本人の高尿酸血症のうち、およそ60%が排出機能の衰えによるもの、12%が尿酸の作られすぎによるもので、両方の要因があるものは25%になります。

この二つの原因を改善するためには、生活習慣の見直しが必要不可欠です。

食事・運動・ストレス対策

中でも食事の改善は、身体のバランスを整える上で大事なものです。

尿酸値減少のための食事といえば、今まではプリン体の制限ばかりが注目されていましたが、最近では、バランスよく栄養をとることも重要だと言われています。

参考:高尿酸血症・痛風の治療ガイドライン第2版 2012年追補ダイジェスト版

尿酸値を下げるサプリメントの選び方は?【3つのチェックポイント】

尿酸値を下げるサプリメントの選び方
サプリメントを利用する時に、チェックするポイントは以下の三つです。

成分・値段・品質

プリン体、尿酸の産生・排出のコントロールが期待される成分が含まれているか?

尿酸値を下げる効果が期待されるサプリメントには、大きく分けて3つの種類が存在します。

プリン体・尿酸の排出を促す
尿酸は、腎臓で濾過された後、一部は再び吸収され体内に蓄積されます。
プリン体・尿酸の排出を促すサプリメントは、プリン体や尿酸が体内に取り込まれるのを抑えたり、尿酸を尿中に溶けやすくすることで、体外へ排出させることが期待される商品です。尿酸の排出機能が衰えている方に効果が期待できます。
プリン体・尿酸の産生を抑制する
尿酸とは、細胞の成分の一つである『核酸』が分解される過程で最終的にできる、代謝物です。プリン体は尿酸に分解される前の段階です。
プリン体・尿酸の産生を抑制するサプリメントは、核酸から尿酸に分解される過程に働きかけ、過剰な産生を抑える働きが期待される商品です。体内で尿酸が作られすぎている方に効果があります。
体質改善
漢方など、身体の巡りを整え、調整することを主眼に置いた商品です。排出機能が衰えている方、尿酸が作られすぎている方、両方に効果があります。

尿酸値が高くなる原因には、一般的な生活習慣病(高血圧、糖尿病、肥満など)と同じものが多く見られます。そのため、プリン体や尿酸には直接作用はしないものの、生活習慣の乱れから来る不調を改善する、体質改善のサプリメントは、尿酸値減少を促すことになります。

サプリメントを使用する上で注意していただきたいのは、サプリメントは医薬品の変わりにはならない、と言うことです。

中には抗炎症作用が含まれるものもありますが、医薬品と比較してその作用はとても緩やかなものです。

高尿酸血症や痛風に限らず、医師の診断による処方薬を服薬をしている方は、必ず医師と相談して使用してください。

個人の判断で服用を中止すると、症状が悪化する恐れがあります。

続けやすい値段か?

サプリメントの栄養素が身体に行き渡り、体質が改善されていくまでに、平均3ヵ月程度摂取し続けなければなりません。

そのため、ご自身で続けられる範囲の金額であるかは重要な条件です。

販売形態も様々で、ドラッグストアで購入できる商品もあれば、通信販売専用にしている商品もあります。通信販売をしている商品は定期コースを申し込むと割引がきくなどのサービスもあります。

信頼できる品質か?

品質は以下の安全性をチェックすることで、確かめることが出来ます。

商品の原料や産地
製造工場、製造過程

サプリメントは様々な会社から発売されています。製品と同じく、販売している会社のことも調べてから購入した方がいいでしょう。信頼できる会社は、商品の安全性に関しての、公開情報が多い傾向にあります。

またメールや電話での対応の早さなども、チェックするポイントになります。商品に関して何か心配や不安があった場合、購入前に問い合わせをしておくと、商品情報と共にサービスをチェックすることができます。

なお、尿酸値を下げて痛風を予防するサプリメントの比較表をこのページの一番下に掲載していますので、先にチェックしたい方はこちらをご覧ください。

> 尿酸値を下げるサプリの比較表を見る

尿酸値を下げる効果があると期待される成分とは?

実際に尿酸値を下げる効果があると期待される成分とは、どんなものがあるのでしょうか?
主立ったものをご紹介します。

効果 成分名 その他性質 含まれる食品
産生抑制
排出促進
アンセリン 疲労回復、血糖値調節 マグロ、カツオなど
産生抑制
体質改善
サポニン 血流改善・抗酸化・ストレス緩和 大豆、田七人参など
アルカロイド 抗炎症・抗酸化・免疫力向上 キャッツクローなど
ケルセチン 抗炎症・抗酸化・降圧・抗腫瘍・血流改善 タマネギ、緑茶など
産生抑制 葉酸 血流改善 ホウレンソウなど
ビタミンC 抗酸化 アセロラ、ケールなど
ポリフェノール 抗酸化 プルーン、コーヒー、紅茶など
排出促進 クエン酸 抗酸化 レモン、梅干しなど
排出促進…プリン体や尿酸が体内への取り込まれるのを抑えたり、尿中に溶けやすくすることで、体外へ排出させる効果が期待されます
産生抑制…体内でのプリン体・尿酸が作られる過程に働きかけ、過剰な産生を抑える働きが期待されます
体質改善…身体の巡りを整え、調整する効果が期待されます

尿酸値を下げるサプリの比較表

特殊な栄養素を持つ、田七人参をまるごと一粒に凝縮。
白井田七
名前 白井田七。 効果 体質改善
産生抑制
特徴 ★高麗人参の7倍のサポニンを含む田七人参のみで作られた和漢系サプリメント
★デンシチン、田七ケトンなど、田七人参だけが持つ栄養素が身体の巡りを整える
★無農薬・有機栽培で安全への信頼性が高い
販売
形態
通信販売 形状 錠剤
定価 定期購入初回 定期2回目以降 定期の条件・サービス
6480+税 3,980+税 5,184+税 定期縛りなし
送料無料
15日間返金保証
ピルケースプレゼント
販売会社 和漢の森

>公式サイトを見る>

アンセリン・キャッツクロー・ケルセチン配合の尿酸専用サプリ
恵葉プレミアム
名前 恵葉プレミアム 効果 産生抑制
排出促進
特徴 ★アンセリンは国内最高峰の含有量
★他にもケルセチン、葉酸、ビタミンC、海藻など、尿酸排出を促す食品を使用
販売
形態
通信販売 形状 カプセル
定価 3本
セット
6本
セット
定期の条件・サービス
7,980 19,800
(4,140円引き)
39,300
(8,580円引き)
3本セットで
送料・手数料無料
販売会社 J.NET.STORE

>公式サイトを見る>

日向の国の『神の草』で、身体の巡りを整える
ヒュウガトウキのめぐみ
名前 ヒュウガトウキのめぐみ 効果 体質改善
特徴 ★日本原産のヒュウガトウキ(日本山人参)を80%使用
★酵素や栄養が豊富
★契約農家で完全無農薬栽培
販売
形態
通信販売 形状 錠剤
定価 定期購入初回 定期2回目以降 定期の条件・サービス
5,500 2,990 4,900 定期コースは3回以上の継続が必要
販売会社 アイシー製薬

>公式サイトを見る>

糖尿と痛風、原因を同じくする二つを同時にサポート
糖痛打破
名前 糖痛打破 効果 産生抑制
排出促進
体質改善
特徴 ★田七人参、アンセリン、キャッツクロー配合
★糖対策を同時に行うことで、相乗効果により尿酸の溜まりにくい身体にする
販売
形態
通信販売 形状 錠剤
定価 定期購入初回 定期2回目以降 定期の条件・サービス
7,980 2,980 5,980 定期コースは3回以上の継続が必要
送料無料
販売会社 株式会社サプリパーク

>公式サイトを見る>

ドラッグストアで買うならコレ
DHCアンセリン
名前 DHCアンセリン 効果 産生抑制
排出促進
特徴 ★成分はアンセリンのみ
★おさえめな価格で続けやすい
★ドラッグストアで簡単に購入できる
販売
形態
店舗販売 形状 錠剤
定価 定期購入初回 定期2回目以降 定期の条件・サービス
2,096
販売会社 DHC

>公式サイトを見る>

尿酸値を下げるサプリメントの効果を高めるには?

尿酸値を下げるサプリメントの効果を高めるには?

尿酸値を下げるためには、運動、食事、ストレス対策をバランスよく行うことが必要です。
生活習慣を改善しましょう、と言われると、

好きなものが食べられなくなる
運動なんてする時間がない
仕事や日々の生活で、ストレスなんてすぐ溜まってしまう

などと、つい面倒に感じてしまいますが、大切なのは完璧にすることではなく、カンタンで良いから、続けられるものにすることです。

出来ることから少しずつ、試していきましょう。

運動

Check!

運動のコツ
●軽い有酸素運動をする
(ウォーキングや水泳など)
●激しい運動・無酸素運動は控える
●ダイエットを行う

運動は、血行を良くし、代謝を高めるので、尿酸の排出を促す効果があります。継続して運動を行い、筋肉量があがると、その効果は持続します。
とはいえ激しい運動を行うと、血液が濃くなり尿酸値を上げてしまう事になるので注意が必要です。

また、ダイエットをすると尿酸値が下がるデータもあります。やせ気味の人で尿酸値が高い場合は、運動不足、あるいは摂取している食品の偏りの可能性があります。

運動する習慣がない人は、日々の活動の中でできる工夫を取り入れると、長く続く傾向があります。

なるべく移動に徒歩を取り入れたり、デスクワーク中に出来るストレッチをするなど、ストレスに感じない程度から始めていきましょう。

食事

Check!

食事のコツ
●バランスよく食べる
●高プリン体の食べ物を控える
(アルコール、レバーなど)
●水をたくさん飲む

身体を正しく機能させるため、バランスの良い食生活をしましょう。

食事のポイントは、

プリン体が多く含まれた食品を避けて、体内にあるプリン体を増やさないこと
尿をアルカリ化する食品を摂取して、尿酸が尿に溶けやすくすること

です。

特に大事なことは、水分をとることです。尿量を増やし、尿酸の排出を促すことが出来ます。食品からの摂取を含め、2リットル以上の摂取が望ましいとされています。

ストレス対策

Check!

ストレス対策のコツ
●ストレスの原因を見つける
●ストレスサインを見つける
●自分に合った解消法を探す

ストレスがかかると、交感神経が優位となり、人間の身体は活動状態になります。活動状態になるとエネルギー消費が増え、プリン体を多く作り出してしまいます。

ストレス源や解消法は人によって千差万別です。肉体的なストレスがかかっているのならば、休日はゆっくり身体を休ませる。精神的なストレスがかかっているのならば、趣味に打ち込んだり自然に触れるなど、自分がどんな状況なのかを把握して、出来るだけストレスの元となるものから離れられる解消法を探しましょう。

参考:
三和化学研究所
内山病院 健康教室

まとめ

いかがでしたでしょうか?

尿酸値の上昇を抑える効果が期待されるサプリメントには、

プリン体・尿酸の排出を促すもの
プリン体・尿酸の産生を抑制するもの
体質を改善するもの

これら3種類があり、個人の状況や体質によって選ぶことが可能です。

また運動、食事、ストレス対策の3つの習慣を見直すことで、少しずつ数値は下がっていきます。対策を始めても、すぐには数値は下がらないかも知れません。少しずつ継続していくことで、数値も改善に向かいます。

サプリメントは、生活習慣から来る尿酸値の上昇に、栄養面からサポートしてくれる食品です。

みなさまの健康生活に、上手に活用してみてください。

更新日:

Copyright© 尿酸値らぼ , 2018 All Rights Reserved.